TEL LINE MAIL
0362803160

Blog記事一覧 > 腰痛治療 > 腰痛治療

腰痛治療

2021.05.27 | Category: 腰痛治療

 

腰痛治療

 

あなたは、いくつ当てはまりか?

 

 

 

・腰が痛くて長時間椅子に座るのが辛い・・・

 

・立っているだけで腰に痛みを感じる・・・

 

・立ち上がる時に腰に痛みが走る・・・

 

・歩くだけで腰に違和感を感じる・・・

 

・朝、顔を洗う時に腰が痛む・・・

 

まず腰痛になって初めて受診する医療機関はどこでしょうか?

 

 

 

おそらく、まず整形外科か総合病院を受診される方がほとんどかとは思います。

 

 

 

 

腰痛は様々な病気のサインである場合も多く、そういった意味では整骨院を受診する前に整形外科を受診していた方が安心して治療に専念できる点でメリットともいえるでしょう。

 

 

 

 

しかしここに思い込みによる弊害が起こってしまう落とし穴が隠されています。

 

 

 

実際には腰痛は画像診断で異常が確認できるケースは、全体の2割以下とされいます。

 

 

 

 

これは数年前に整形外科学会で実際に臨床データから割り出された数値です。

 

 

 

ほとんどの腰痛はレントゲンで確認できるような骨や関節の異常が原因ではないのです。

 

 

 

しかし、整形外科ではいまだに画像診断を腰痛治療において1番に考えており、患者様は画像を見ながら自身の腰椎のゆがみなどの異常について説明を受け、それが腰痛の原因であるとの診断を下すケースがほとんどです。

 

 

 

 

 

すると患者様は腰痛の原因を、自身の腰椎や椎間板などの腰の関節や骨に異常があると思い込んでしまいます。

 

 

 

 

その根本的な原因はレントゲンやMRIの画像診断でわからないことが非常に多いのです。

 

 

 

 

 

 

患者様が腰痛の本当の原因に目を向けて改善していくためには、自身の腰椎や椎間板が健康な状態であると自信を持っていただく必要があります。

 

 

 

ご自身のレントゲンやMRI画像を前にして、その異常を指摘されたときに、患者様の頭には、自身の関節が悪いという情報が強くインプットされてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

関節や骨が原因で痛みが出ていると思い込んでしまっていると、それ以外に原因があったとしても、なかなかその原因に目を向けて、改善していこうという気持ちが起こらなくなってしまうので、腰痛が治りにくくなってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

まずは整形外科や病院に行く前に、サンメディカル鍼灸整骨院へ治療や相談をして下さい。

 

 

 

 

 

 

レントゲンやMRIに映らない腰痛も治療ができます。

 

 

 

 

 

この様な腰の痛みがあるなら迷わずに、サンメディカル鍼灸整骨院へご相談ください。

 

 

コロナウイルス感染予防対策について

 

 

 

 

 

 

厚労省感染症対策

 

 

 

 

 

 

患者様に安心して施術を受けていただくために以下の対策を行なっております。

 

 

 

 

 

・患者様お一人お一人の施術の後は、必ず手を洗い・手指のアルコール消毒を行い常に清潔を保つよう心がけています。

 

 

 

 

 

・患者様が使用した後の施術ベッドは1回1回アルコール消毒を行い、うつ伏せの際には、お一人ずつ使い捨てのフェイスペーパーを使用しております。

 

 

 

 

・患者様やスタッフが手を触れる所

 

 (待合室、トイレの取手、スリッパ、荷物カゴ、受付)などこまめにアルコール消毒を行っております。

 

 

 

 

・院内の感染予防対策として、定期的に院内の換気を行っています。

 

 

 

 

★患者様へのお願い★

 

受付にアルコール消毒液を用意しております。

 

 

 

来院の前後には手指のアルコール消毒をお使いくださいませ。

 

 

よろしくお願いいたします。