TEL
0362803160

Blog記事一覧 > 体の歪み > 体の歪みの原因について

体の歪みの原因について

2020.10.14 | Category: 体の歪み

体の歪みの原因について

 

 

 

同じ作業の繰り返し

 

 

体が歪んでしまう原因の1つが、同じ作業の繰り返しによるものです。

 

 

 

 

 

スポーツや仕事などで同じ作業を繰り返すと、同じ部位の筋肉を使う頻度が高くなり使った側の筋肉だけが強くなります。

 

 

 

 

そのため、筋肉が左右非対称のアンバランスな状態になってしまい、体の歪みに繋がってしまうのです。

 

 

 

 

そのままの状態で同じ作業を繰り返すと、さらに筋肉が硬くなり体の歪みを助長させてしまいます。

 

 

 

スポーツをしている方は、体の歪みが原因でスポーツ外傷を招いてしまうことがあるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

筋肉をバランスの取れた状態にするには、日頃のケアが大切です。

 

 

 

 

スポーツや作業を終了した後は、簡易的なストレッチをするようにしましょう。

 

 

 

 

作業が終了した後は体が温まっており、温まった状態のときにストレッチを行うことで体の歪み対策に役立ちます。

 

 

 

姿勢

 

 

悪い姿勢も体の歪みを招く原因です。

 

 

 

例えば、右足を組んで座ると背骨がCの字のようになり、左のお尻に重心がかかってしまいます。

 

 

 

重心が偏ると骨盤が左に傾いて骨盤全体が歪み、それが体の歪みの原因へとつながるのです。

 

 

 

また、立ち姿勢は猫背にならないように注意しましょう。

 

 

猫背は見栄えが良くないばかりか、呼吸が浅くなり、自律神経のバランスを崩してしまうことがあります。

 

 

 

体の歪みとは

 

 

立つ、座る、走るなど、様々な動作を行うことができるのは、骨格や筋肉の複雑な構造があるからです。

 

 

 

体が歪むというのは、こうした骨格のずれや筋肉のアンバランスさのことを指します。

 

 

 

骨格や筋肉に不自然でアンバランスな負荷がかかった状態が続くと、体が倒れないようにバランスを保とうとします。

 

 

 

 

知らず知らずのうちに骨格や筋肉がアンバランスになっていくのです。