TEL
0362803160

Blog記事一覧 > こむら返りの治療 > 足の痙攣/こむら返り

足の痙攣/こむら返り

2020.10.16 | Category: こむら返りの治療

足のけいれん(こむら返り)

 

 

 

 

 

 

 

近頃寒暖の差が大きく、夜中や朝方に冷え込むために足がつるという声をよく聞きます。

 

 

 

睡眠中に足がつる(こむら返り)の根本的な原因としてカリウム、ミネラル不足が考えられます。

 

原因

 

 

1.水分不足

 

寝る前は夜中トイレで起きたくないなどの理由から水分を控えてしまいがちですが、寝ている間にコップ一杯分もの汗をかくと言われているので、寝る前にコップに半分だけでも水を飲むことで予防になります。

 

 

2.ミネラル不足

 

汗をかくと一緒にミネラルも体の外へどんどん出て行ってしまい、足がつりやすい状態になってしまいます。

 

 

 

水を飲んでも改善されない場合はスポーツドリンクを少し薄めて飲むと改善される場合があります。

 

 

3.冷え

 

 

夏場はクーラーなどで足が冷えることで、冬場は寒さで足が冷えることで筋肉が収縮して緊張状態になり、急に足を動かした時に足がつってしまうことがあります。

 

 

 

4.筋肉疲労

 

筋肉が疲れている場合、寝ている間も筋肉が緊張しており、痙攣を起こし足がつることがあります。

 

 

 

夏はクーラーで足元が冷え、筋肉が固まって血流が悪くなり、足がつったり、むくみがひどくなったりする場合があります。

 

 

 

冬は気温、乾燥などでつりやすくなります。

 

 

 

高齢になっていくほど、増加していく傾向にあります。

 

 

男性よりも女性に多く、とくに妊娠すると、いままでと足への負担が変わりますから、こむら返りを起こしやすくなります。

 

 

 

温浴も、効果があるので、しっかりとお風呂に入って温めてください。