TEL
0362803160

Blog記事一覧 > 更年期障害について > 更年期障害について

更年期障害について

2020.11.07 | Category: 更年期障害について

更年期障害とは?

 

更年期障害とは卵巣機能の低下によりホルモンのバランスが崩れることで起こるさまざまな症状を言います。

 

またホルモンのバランスが崩れること以外にも更年期の女性が直面する「子供の独立や結婚」「親の介護」などの環境の変化、家庭や職場などでのストレスなどでも起こります。

 

 

更年期障害になると?

 

 

自律神経の乱れによる不定愁訴出現。

 

 

不定愁訴とは簡単にいうと「今日はここが痛い、調子が悪い」「明日はここが調子悪い」というような体のあちこちで症状 が出るものをいい、

 

 

それがストレスとなり、又ホルモンバランスの崩れなども手伝ってうつ症状などを引き起こす事も考えられます。

 

 

又、人によっては無症状の まま通り過ぎてしまう事もあります。

 

 

更年期障害になると?

 

 

更年期障害とは卵巣機能の低下によりホルモンのバランスが崩れることで起こるさまざまな症状を言います。

 

またホルモンのバランスが崩れること以外にも

 

 

更年期の女性が直面する「子供の独立や結婚」「親の介護」などの環境の変化、家庭や職場などでのストレスなどでも起こります。